脱毛をするならこれはNG!効果的に進めるために避けたいこと

脱毛にはNG行動が存在します

女性必須の美容ケアの1つにムダ毛の処理があげられます。ムダ毛処理の方法には、カミソリで剃るシェービングや家庭用脱毛器、除毛クリームがありますが、最も仕上がりが綺麗なのはエステサロンなどで受けることができる脱毛だと言われています。脱毛を受けようと考えた場合、効果を上げるために避けたい行動があるので覚えておくことが大切です。

紫外線対策をおこなおう

脱毛にはフラッシュ脱毛やレーザー脱毛などの種類がありますが、どちらもムダ毛の根元に作用する波長をあてる施術になります。この波長はメラニン色素に反応するという性質があるため、肌の奥深くにあるムダ毛の根元にも効果的に作用することが可能になります。しかし、紫外線を浴びて日焼けをすると、肌の中にもメラニン色素が分泌されるので注意が必要です。日に焼けた状態で脱毛をおこなうと、ムダ毛だけではなく肌を痛めてしまう可能性があるので、脱毛の施術中は日焼けをしないよう紫外線対策をしっかりと行う必要があります。

施術前後は運動とアルコールを控えよう

運動やアルコールを摂取すると、血液の流れが活発になります。そのため体温が上昇し、少しの刺激でも肌が敏感に反応を示すようになります。この状態で脱毛の施術を行うと、痛みや炎症を通常よりも強く感じる恐れがあるので注意が必要です。また、脱毛の施術直後に運動やアルコールを摂取すると、感じていなかった痛みや炎症が生じる場合があるので気を付けましょう。運動やアルコールの摂取は、脱毛前後は控えるように心がけることが大切です。

医療脱毛を千葉で行うために、様々なサービスが充実しているクリニックでカウンセリングを受けることが重要です。