知ってる?脱毛は、ちょっとの工夫で痛みを減らせる

脱毛は痛いって本当なの?

夏が近づくにつれて、ワキや手足のムダ毛を脱毛したいと考える女性が多くなるそうです。

ムダ毛の自己処理は時間がかかる上に、どう行えば綺麗に仕上がることができるのが難しい美容ケアでもあります。

そのため、最新のマシンで綺麗に仕上がることができる脱毛に、憧れを抱く女性が多いようです。

ですが、施術時の痛みが気になってチャレンジできないという人も少なくありません。

確かに、脱毛は痛みを伴う施術方法になります。

脱毛時に感じる痛みは、施術で使用するレーザーやフラッシュがメラニン色素に反応することで起こります。

つまり、メラニン色素が多い太いムダ毛や、体毛が密集して生えている箇所で強くなるのが一般的です。

脱毛時の痛みを減らす、ちょっとしたコツ

脱毛は多少の痛みが生じる施術方法になりますが、少しの工夫で軽減させることができます。

まず最初にチャレンジしたいのが、スキンケアです。

肌は乾燥していると外からの刺激に過剰に反応するという性質があります。

ですので、乾燥肌をケアするように保湿成分を補えば、脱毛時の痛みを感じにくくすることができます。

同様に、体温が高くなることでも痛みは強まる傾向にあるため、脱毛の施術前後は体温が上がらないように激しい運動や飲酒、お風呂などを控えるようにしてみましょう。

さらに、肌に含まれるメラニン色素の量を少なくすることでも痛みを抑えることができます。

そのためには、日焼けをしないよう紫外線対策を行ったり、色素沈着を改善させる美白ケアが効果的になってきます。

脱毛とは、永久または半永久的に毛を生えてこなくすること。除毛は生えている毛を剃る、抜くだけですが、前者では毛の根元から毛を撃退します。